凱旋門賞のことについてこのサイトでは詳しく説明します

世界一の競走馬が決まる凱旋門賞

フランスで行われる凱旋門賞

凱旋門賞とは1923年に始まった、歴史と伝統あるフランスの競馬レースです。英国ダービー、ケンタッキーダービーと並んで世界三大ダービーに数えられるこの凱旋門賞は、10月の第一週の日曜日に行われます。

その時期はヨーロッパの競馬シーズンの中でも終盤になりますので、凱旋門賞に集まる馬はその年に世界中で活躍した馬が集合することになり、一年の競馬シーズンの集大成としての意味合いもあります。

凱旋門賞で勝った馬が、その年の中長距離走の競走馬のチャンピョンだという認識もあるでしょう。もともとフランスの競走馬の優秀さを示すために行われたレースで、優秀な馬を正しい繁殖に導くための意味合いもあるので、牡馬牝馬は出場できますが去勢した馬は出場することができません。

この凱旋門賞の行われる週末には、凱旋門賞ウィークエンドと名付けられて、凱旋門賞を盛り上げるために土曜日に4つのG2レースが行われます。凱旋門賞当日の日曜日には、7つのG1レースが行われ、まるでお祭りのように盛り上がるのです。

そして、この凱旋門賞の魅力はなんといってもその高額な賞金です。当初はそれほど賞金を出すことがなかったために、世界中から能力のある馬を集めることができませんでした。

ですが現在ではスポンサーがつき、凱旋門賞の賞金は400万ユーロ、凱旋門賞ウィークエンドの賞金総額は950万ユーロにものぼり、世界でも稀に見る高額賞金のレースになっています。

この賞金をめがけてヨーロッパのみならず、アメリカ、南米、そして日本からもその年活躍した優秀な競走馬が出走するようになりました。日本からも1960年代から競争馬を出走させるようになり、最高第2位に輝いたことがあります。2012年には2頭の競争馬を出走させて凱旋門賞を盛り上げています。

日本でもこの凱旋門賞のファンは多く、テレビ放送されるまでになりました。以前は録画放送だったのですが、現在では中継も行われていて競馬ファンがリアルタイムで凱旋門賞を楽しめるようになりました。

また現地フランスで凱旋門賞を楽しむ日本の競馬ファンもいます。凱旋門賞観戦ツアーなども発売され、ロンシャン競馬場までシャトルバスで連れて行ってくれるので、初めての観戦でも安心して楽しむことができます。

個人でロンシャン競馬場に行く場合でも、メトロとバスを乗り継いだり、タクシーを使って観戦に行くことができます。フランスならではの華やかな競馬を楽しむために、ドレスアップして観戦するのも凱旋門賞ならではの楽し方でしょう。

いつか凱旋門賞を観戦に行きたいと思った人はまずは目先の資金を稼ぐ必要があります。そのためには、まず競馬で勝たなければなりません。その確率を上げるためには競馬情報を見て情報収集していくべきです。

効率よく情報収集するなら競馬ランキングで探すのが一番の近道です。競馬に勝ち、資金を増やし、凱旋門賞で観戦するのが真競馬通です。目標として設定しても面白いとおもいます。競馬で勝った資金で凱旋門賞を観る!ぜひお試しください。